【高知】四万十町のキャンプ場「ふるさと交流センター」が素敵すぎる!

3月最初の週末。あいにくの雨でしたが、キャンプに行って来ました!!

昔、一度だけ行ったことのあるキャンプ場です。

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター 思い出

高知県四万十町昭和(旧十和村)にある「ふるさと交流センター」に行って来ました!!

キャンプふるさと交流センター キャンプ場

その前に・・・・・・


ポチっとお願いします^^ ブログランキングへ 押して頂けるとはげみになります (*´∀`)

ここのキャンプ場はかなり高規格です!

一面芝生が整備され(この時期は茶色ですが・・・)、水場もトイレもかなり綺麗ですし、シャワーも完備されています。その他にもカヌーが出来たり、管理等にお食事処があったりと大変便利なキャンプ場です。

しかも、一泊500円と格安!子供200円と激安!! 日帰りの人はお金がいらないみたい (´Д` )(詳しくは問い合わせしてみてください)

高知県のキャンプ場は格安やタダのところが多くて助かります ( ´ ▽ ` )ノ 逆に一泊3,000〜4,000円します。って言われるとビックリしてしまいます。(高くて!(>_<))

そんなキャンプ場は、高知市から1時間30分。自分たちが行くキャンプ場にしては遠いほうですね。

四万十中央(窪川)で高速道路を降りて、国道381号線を西へ走ります。

四万十川の綺麗な景色を眺めながら走っていくと左手に看板が見えてきます。

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

看板が小さいので見落とすかもしれませんが、行き過ぎても大丈夫。もう少し先にも入口があります。こちらのほうが広くて入りやすいかも^^

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センターキャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

キャンプ場入口にある管理棟です。隣にはお食事処も^^

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

管理棟の人に一声掛けておけば、お金は帰る時でも大丈夫のようです。自分も今回のキャンプに、何人来るかわからなかったので、帰る時にお金を払いました。

また、ゴミ袋/大:50円 小:30円 を購入するとゴミも捨てて帰れますので大変ありがたいですよ ( ´ ▽ ` )ノ

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

ここで、優しいおばちゃんが対応してくれました。

この建物の裏がキャンプ場です。

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

道の右側が駐車場。GWや夏場はこの駐車場が一杯になるそうです。

管理棟の裏側にトイレと水場が^^

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

トイレの横のゴミ箱にゴミを捨てて帰れます。このサービスが大変嬉しいですね^^

離れたところから管理棟をパシャリ

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

駐車場以外にもサイトと川の間の路肩に車を止めれます。キャンプ場内を走る道に駐車するのはダメですが、路肩に駐車は大丈夫だそうです。近くまで荷物が運べるのは嬉しいです (^O^)

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

少し離れた場所からキャンプ場全体を撮影してみました。フリーサイトですので場所は早いものがちですが、結構広いので連休以外に遊びに来れば楽勝で広々使えると思います^^

キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

この日は自分たち以外にも2組が! 雨の中キャンプって同じ変態キャンパーの匂いを感じました。

この時は撤収日に仕事が入っていましたので、温泉に入っていないですが、近所に沢山温泉が有りますので、次回は必ず入りに行きたいと思っています!!

四万十町の温泉

1)大正温泉(参照:キャンピオン こうち in 四国)

2)十和温泉(参照:四万十町)

3)一の又渓谷温泉(参照:四万十町)

4)下津井温泉(参照:キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ)

どの温泉も昔ながらの素朴な温泉です。ふるさと交流センターから10分〜15分程度で行ける場所ですのでキャンプの合間に入るには丁度の温泉だと思います。

前回来た時には気づかなかったのですが、ふるさと交流センター入口の反対側に木造の古い建物が見えたので近づいてみました。

三島神社 キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

古い建物で雰囲気も良かったが今は使われていないようです。

この建物まで近づいたから分かったのですが、右側に鳥居が!!

三島神社 キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

三島神社と言うらしいです。

三島神社は、元は四万十川最大の中洲・三島に鎮座していた。
 四万十川では、林業の繁栄とともにその流れを利用した河川流通が発達したが、岩礁や蛇行、急流域も数多くあり、危険を伴った。古来より流域の人々には、川そのものをご神体と考える風習があり、四万十川の中洲・三島には神社が祭られ、周辺流域の安全を守る神として篤い信仰を集めていた。
 聖域の中洲には注連縄が張られ、その中央に三島神社が鎮座しており、四万十川を通行する筏師や舟乗りは、三島神社に向かって礼拝し旅の安全を祈ったといい、この三島は心のよりどころであり、四万十川の流通・往来の結接点でもあった。 三島神社は、明治23年の洪水で流失し、この場所に再建された。 

参照:四万十町

結構長い階段でしたが、上まで登ると厳か(おごそか)な雰囲気が!!

三島神社 キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター 三島神社 キャンプ 高知 四万十 ふるさと交流センター

上まで登ってみて正解でした。空気が別世界でした。

本当に八百万(やおよろず)の神がいそうな雰囲気で、時間の流れが少し違う感じがして、気持ちよかったです。

今まではキャンプ場に来てもあまり周辺を散策していなかったことを反省です。新しい発見があってなかなか楽しいです。今後はキャンプ場周辺撮影もできるだけしていきます ( ´ ▽ ` )ノ


ポチっとお願いします^^ ブログランキングへ 押して頂けるとはげみになります (*´∀`)

おしゃれキャンパーへの道!木のキャンプ道具を提案
196_netShop
おしゃれキャンプの必需品! 196|ひのきのキャンプ道具を販売!!
通販サイトもヨロシクお願いします ( ´ ▽ ` )ノ