加水分解したテントのフライをPORON-Tで復活するか試してみた結果!!

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 キャンプ道具, テント ,

自分がメインで使っているテントは、2005〜2006年頃、本格的にキャンプを始めて最初に購入したモンベルのムーンライト3です。

CIMG0633

 

ここのところ出番が無く、放置していて、先日久しぶりに使って見たところ、フライの内側がベトベト・ネチャネチャと・・・・・・(>_<)

噂に聞く「加水分解」ってやつになってしまったようです・・・・・・
゜・(ノД`)・゜・

行きつけのアウトドアショップで聞くと、撥水、防水加工等をしてあるテントは10年ぐらい経過すると、必ず加水分解をするらしい・・・・・ テントの寿命みたいに言われましたが、お気に入りのテントですので、ブログを徘徊しながら復活方法を探しました!!

 

その前に・・・・・・・
ポチっとお願いします^^ ブログランキングへ 押して頂けるとはげみになります (*´∀`)

 

 

キャンパーの間では有名なシリコーン系撥水剤「PORON-T」って溶剤があることが簡単に見つかりましたので、先人たちの方法を確認してポチッとしてみました!!

アマゾンでも販売されていますが、藤倉応用化工株式会社さんで購入したほうが安そうでしたので、そちらから購入。注文から2日ほどで、すぐに届きました (^O^)

その間に、塗布用の刷毛やプラケースを100円均一で準備

テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤 テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤
揮発性が非常に高いってことでしたので、プラケースは調味料用のフタ付を購入

他にも、アマゾンでシームグリップを準備

シームグリップ キャプテンスタッグ

 

テントの底から雨が染み込んできていましたので、縫い目の部分をコーティングする為に!

まだまだ使いたいので、しっかりと防水加工を^^

先人たちのブログにもしっかりと書かれていますが、「PORON-T」は取り扱いに注意が必要な溶剤になりますので、外での作業は必須です。それでも自己責任でお願いします^^

目や皮膚に液体が飛ぶと大変なことになりますので、くれぐれも取り扱いには注意してください!!

 

まずは、フライをお風呂で足踏み洗いしてきました!(写真なし)

テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤

乾いたところで、早速塗っていきます!!

テントはしっかりとペグ打ちをして、ピンと張ってから作業をしたほうが、はかどりますよ!

テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤 テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤 テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤
フライの内側がベトベトしていましたので、裏返してセッティング!

テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤
シームテープの汚れなどを綺麗に取り除いてあげます!

 

一気に塗りあげましたので、写真を撮る暇がありませんでした (>_<)

フライに塗るだけなら、30分もあれば、簡単に塗り上げることが可能です!!

塗っている最中から乾いていきますので、どこを塗ったっか、しっかりと確認しながらの作業が大事ですね^^ 1時間ほど置いてから、重ね塗り(二度塗り)しましたが、一度で十分な気がします!!

 

二度塗も終わり、そのあとは縫い目にシームグリップを!! 自分は直接フライに口をあてて塗っていきました。あとで、底の部分にも塗りましたが、ムーンライト3ぐらいの大きさなら、シームグリップの半分ぐらいあれば十分ですね (^O^)

テント シームグリップ 塗り方
シームグリップは12時間ほど乾燥が必要ですので、1日目の作業はここで終了!!

天気のいい日が2日ぐらいは必要です!!

 

2日目はフライをひっくり返して、表側にも「PORON-T」を塗布しました! 両面に塗る必要は無いと思いますが、思った以上に溶剤が減らなかったので、贅沢に使いました! 他に塗るものがあれば両面塗布は余計な作業ですね (^O^)

テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤
仕上がりは手で触ってもそれほど違いがわかりません。少ししっとっりしている感じぐらいです。

あとは、テントをオーニング用のポールに引っ掛けて底を塗っていきます!! 自分はたまたまこの方法が出来ましたが、普通はどうやって塗るのが正解か難しいところです (>_<)

テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤テント 加水分解 信越シリコーン POLON-T ポロンT 撥水剤
このあと、底の縫い目にシームグリップを塗りつけて終了となりました!!

テント シームグリップ
ここも12時間、乾燥が必要です!!

乾燥には時間が必要ですが、作業自体は比較的簡単に終わります^^

テントやタープが加水分解してしまった (>_<) って人も買い換える前に一度試してみては??

費用も全部で5,000円以内で収まりました。

自分も新しいテントを購入しようと思いましたが、思い入れのあるテントですので、まだ使えるのであれば、長く使って行きたいと思い、今回は復活を目指してみました!!

なんとか成功したと思いますので、もう10年ほど使えたらと考えています^^
新しい道具もいいですが、廃盤になった色などを使っている人を見ると「渋いな〜」と思ったりします。そんな渋めのキャンパーになれるよう、手入れをしながら道具を大事に使っていけたらと思っています^^

 

 

Instagram(インスタグラム)やってます ( ´ ▽ ` )ノ

 

 


ポチっとお願いします^^ ブログランキングへ 押して頂けるとはげみになります (*´∀`)

 

おしゃれキャンパーへの道!木のキャンプ道具を提案
196_netShop
おしゃれキャンプの必需品! 196|ひのきのキャンプ用品を販売!!
通販サイトもヨロシクお願いします ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

196|ひのきのキャンプ用品通販

196 キャンプ 通販 キャンプ用品 キャンプ道具 木製 ウッド ひのき ヒノキ 桧 檜

関連記事

コールマン ルミエール ランタン スノーピーク リトルランプ ノクターン 比較 収納

ルミエールランタンとリトルランプノクターンを購入してみた!!

入手困難と言われている【コールマン ルミエールランタン】と【スノーピーク リトルランプノクターン】

記事を読む

タトンカタープ 1TCにハトメ加工を実施!!

今さらですが「タトンカタープ 1TC」にハトメ加工を実施しました!!  

記事を読む

【キャンプ道具紹介】さらっとですが、メンバーが持っているキャンプ道具の一部を紹介してみます!!

人がどんなキャンプ道具を持っているか!!って気になりません?? 自分はとっても気になる人です

記事を読む

キャンプ ワイン ワイングラス 持ち運び 収納 ひのき 木製 ボックス BOX

キャンプにワイングラスを持っていく専用のケース!!

キャンプで優雅にワインを飲みたい!!! そのためにはワインとワイングラスが必須!! ワイ

記事を読む

キャンプ 暖房器具 石油ストーブ 薪ストーブ 焚き火

冬キャンプの暖房器具(石油ストーブ)を考える![回答希望]

もう何年も冬キャンプの暖の取り方を考えています。 基本的には「焚き火」で暖を取るようにしていま

記事を読む

196|ひのきのキャンプ用品通販

196 キャンプ 通販 キャンプ用品 キャンプ道具 木製 ウッド ひのき ヒノキ 桧 檜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

196|ひのきのキャンプ用品通販

196 キャンプ 通販 キャンプ用品 キャンプ道具 木製 ウッド ひのき ヒノキ 桧 檜
BBQ検定試験(初級)を受けてきました!!

日本バーベキュー協会が実施している【初級インストラクター検定】を受けて

タープポール 木製 ウッドポール タープ コットンタープ 196 ナチュラル 削り出い 
木製タープポールが完成!ウッドポールとコットンタープは相性バツグン^^

1本1本、角材から削り出した「ウッドポール」が完成!! 職人によ

キャンプ 料理 夏 男
【高知でキャンプ】やっぱり夏のキャンプは河原へ!!でも新荘川は雨でした(泣)

7月の初め、夏のキャンプはやっぱり川に!! ってことで新荘川へキ

キャンプ ゴミ箱 折りたたみ 持ち運び お洒落 おしゃれ オシャレ 折りたたみ 桧 ヒノキ ひのき ウォールナット
インスタ映えする予定のキャンプ用ゴミ箱が完成!!【196オリジナル】

以前から何度か紹介しているキャンプ用ゴミ箱ですが、ついに完成いたしまし

夏キャンプで涼しく寝るための完璧な方法!!!

最近のキャンプスタイルでは夏以外の方が快適に過ごせてますwww

→もっと見る

  • 196 キャンプ 通販 キャンプ用品 キャンプ道具 木製 ウッド ひのき ヒノキ 桧 檜
  • 取締役:佐藤 友哉
    年齢:1975年6月生まれ
    岡山県岡山市出身。現在は高知県で木製(ひのき)のキャンプ用品を販売しています。彼女募集中です!ヨロシクお願いします^^/
    詳しいプロフィールはこちらから>>>
PAGE TOP ↑